今一番おすすめの家具を紹介します

家具はどんどん進化し、使い勝手が良くなってきています。つくりつけの家具も多くなっていますが、やはり収納というのは人それぞれです。利用者の需要に合わせて、また、生活スタイルの変化に合わせて臨機応変に変えられるのが望ましいでしょう。実際、自由自在にサイズを変えられる収納家具が人気となっています。今一番おすすめの家具は、クローゼットハンガーです。ワンルームなどで、つくりつけのクローゼットがなかった場合、あるいはつくりつけのクローゼットだけではスペースが足りなかった場合に、手軽に設置し、使うことができます。つくりつけのクローゼットを新たにつくったような感覚で、すっきり収納できます。クローゼットの上に物も置けますし、下の開いたスペースに重い荷物も収納できます。しかもサイズを自由に変えられます。

引越しを考えて家具選びをする必要性

以前は住居内にタンスがあるのは当たり前でしたが、現在タンスは、一人暮らしの場合は特に、あまり使われなくなっています。引っ越しの際に、相当な荷物になるからです。大型家具となり、タンスがあるために引越しトラックのサイズがワンランク上がることもあります。タンスに収納してある服は、空気を抜いて圧縮すれば相当体積を小さくできるので、タンスさえなければ、ということになりがちです。そのため、プラスチックの衣装ケースやハンガーラックなどが多用されるようになっています。それなら、トラックの荷台の隙間に詰め込みやすいので、トラックのサイズを上げずに済みます。トラックのサイズで引っ越し料金は跳ね上がりますから、引越する可能性が比較的高い単身者にとって、収納家具は重厚長大でないほうがいいでしょう。

クローゼットハンガーの高い利便性

衣装ケースだと、たたまなくてはなりませんから、しわになります。ハンガーラックだと、ほこりがつきやすいですし、来客時など気になるものです。そうした点を一挙に解決できるのがクローゼットハンガーです。つくりつけのクローゼット並みのサイズで、収納スペースはたっぷりあります。天井もついていて、カーテンで仕切れるので、ほこりもあまりつきません。来客時などは一瞬で中を隠せます。組み立て式なので、引越しの際は解体して、ほんのわずかな体積にできます。重量もわずかなものです。以前、服の追加の収納に使われていたビニール製の衣装ハンガーケースは、湿気がこもりやすく、底に物を置くと歪んだり壊れたりしがちでした。そのデメリットを考慮し、たいへん進化した形になっているのが、クローゼットハンガーです。